蒸し暑い大安の午後に椅子に座る

たとえば、何もわからない宇宙人に「シュウマイ」のことを説明するなら、どうやって言う?「恋」の特徴とか、ううん、そもそも世界や日本の説明から始まるかもしれないね。

凍えそうな週末の晩に焼酎を

仕事終わりの時間つぶしに、花の美術館に行って以来、あの空間に病みつきだ。
驚いたのは、一人でじっくり観賞しに来ている方もいたこと。
それ以来私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸東京博物館は、企画展示がすごく以来私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸東京博物館は、期間限定の展示が非常にあの有名な横須賀美術館には、私の好きな谷内六郎の作品が数多くある。
どんな人かと言えば、有名な週刊新潮の表紙を描いた絵描きだ。
それ以外でも、日光にある、竹久夢二の美術館で、大量の絵葉書を買った思い出も。
このように、ミュージアムには常に素敵な空間を過ごさせてもらっている。

寒い土曜の晩にこっそりと
タイムイズマネーというのは、素晴らしい名言で、ダラダラしていると、実際にすぐ時間が過ぎていく。
もーっと、早く作業も業務日報も終わらせることが出来れば、そのほかの仕事に時間を回せば効率がいいのに。
部屋の整理をしたり、外に出たり、料理をしたり、雑誌を読んでみたり。
そう思いついて、ここしばらく、シャキシャキ終わらせようと頑張っているが、どれだけ頑張れるのか。

無我夢中で自転車をこぐ兄さんと履きつぶした靴

社内で親しくなったお姉さんがいる。
今までに出会ったことのないような方で、トークの内容がどれも興味深かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
ベビーシッターの免許、スキューバーの資格、小型船舶の免許。
児童英語教師、漢字検定準1級、そして、元CAさん。
公認会計士まで受かったと聞いたような。
さすがに公認会計士の件を友達に話したら、あなたの聞き間違いだと思う、と言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の専務と職場結婚で退職していった。

気どりながら跳ねる兄さんと擦り切れたミサンガ
最近のネイルは、スカルプなど、かなり高い技術が駆使されているようだ。
ちょっぴり安くしてくれる招待状を譲ってもらえたので行ってみた。
私は、柄やデザインに関して、優柔不断なので、決定するのに時間を要した。
小指だけ簡単なアートをしていただいて、その日は機嫌がよくなった。

夢中で歌う彼と俺

作家、太宰治の斜陽、ファンの私は、伊豆の安田屋旅館に宿泊に行った。
同じく本が割と好きな母。
ここ安田屋旅館は、太宰が斜陽の一部を執筆するために宿泊した宿。
階段を進むと、ギシッと、音が聞こえる。
ランチのついでに見せてもらったのが、宿泊した上の階の角の部屋。
シルエットのきれいが富士山が少しだけ、姿を見せていた。
道路を渡ってすぐの海の海面にはいけすが作られていた。
この辺は来たかいがありまくり。

ノリノリで口笛を吹く友人と壊れた自動販売機
水滸伝の北方版の人間くさく男らしいキャラクターが、原作の水滸伝の108人になぞらえて、主なキャラクターが108人でてくるが、敵方、権力側の登場キャラクターも人間くさいのがいて、血が通っていると思える。
登場キャラクターに人間的なもろさが見えるのもやはり、われを忘れるほどはまっていたわけだ。
心が弱いなりに自分の目標とか未来の為に可能な限り腐心しているのが読み進めていてひきつけられる。
読みあさっていて楽しい。
それなのに、ひきつけられる登場人物がひどいめにあったり、希望がやぶれていく話も胸にひびくものがあるから夢中になる小説だ。

涼しい土曜の夜に外へ

名の通った見どころであろう、法隆寺へ行った。
法隆寺式の伽藍配置も充分見せてもらい、立派な五重塔、講堂も見ることができた。
博物館では、国宝に指定されている玉虫厨子があり、予想していたよりも少しだけ大きかった。
このお寺について学ぶには、おそらく、かなりの時を必要とするのではないかと感じる。

息絶え絶えで体操する彼女と壊れた自動販売機
今日の体育はポートボールだった。
少年は、ポートボールは得意ではなかったので、不満げに体操服を着ていた。
今日はきっと、運動神経抜群のケンイチ君ばかり注目を集めることになるんだろう。
今日はおそらく、運動神経のいいケンイチ君ばかり活躍するはずだ。
そうなると、少年が思いを寄せている、フーコちゃんも、ケンイチ君が活躍するところを見るなるのだろう。
少年はため息をつきながら、体育の場へと歩いていった。
でもフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなくて、少年のことを何度もチラチラ見てたことを、少年は気付かなかった。

雪の降る祝日の夕方に立ちっぱなしで

育った県が違うと習慣が変わることを結婚してからたいそう感じるようになった。
ミックスジュースシェイクしようかと家内から普通に聞かれ、買ってきていたのかなと考えたら、ミキサーで作ることが一般的みたいだ。
たくさんの果物と作った氷を投げ入れて、普通の牛乳を挿入して家庭用のミキサーでシェイクして終わりだ。
家で味わい飲んだのは最初だったが、めっちゃよかった。
くせになったし、おもしろいし、私も作り飲んでいる。

そよ風の吹く日曜の夜明けは昔を懐かしむ
普段はないのに、情緒不安定な精神状態になってしまい、少しも悲しくなった。
特定の訳はなく、思い立ったように悲しくなったり、今やっていることが無意味に思えたりした。
そんな心持だったけれど、外に出る仕事がきた。
中身は年に一回の外での催し物で大手案件だった。
この状態では良くないので我を忘れて夢中でこなしているうちにカラリと明るい心持に戻ってきた。
後で思うと不安定なとき、お昼にお日様の光を浴びようと思ったりしなかったんじゃないか。
夜型にならないで出かけるのも健康の一つかもしれないと思った。


PAGE TOP

たとえば、何もわからない宇宙人に「シュウマイ」のことを説明するなら、どうやって言う?「恋」の特徴とか、ううん、そもそも世界や日本の説明から始まるかもしれないね。
Copyright (C) 2015 空と山に昇り立つ陽炎 All Rights Reserved.