魅惑の都市「仙台」
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
仙台の熟女3
未分類

仙台の熟女3

シリーズも3回目です(長文すみません・・・。)
清楚なデリヘル嬢を求めて仙台の熟女デリヘルから私好みの女性を呼んだら、素晴らしい年上の女性が来た話の続きになります。

パンツの上から刺激するのがわたsのスタイルですが、これには深い意味があります。
結構昔に仙台のデリヘルで「どういうことをすると女性は感じるのか?」という個人的なテーマでいろんなデリヘル嬢に聞き回ったことがあるんです。
そしてほとんどのデリヘル嬢の答えが「布越しに触られると直接触られた時よりも興奮する」と回答したんです。
これは結構誰も知らない情報だと思うのですが、リアルにデリヘル嬢が回答した内容なので間違い無いと思うんです。
私はしばらくパンツの上から割れ目をそ〜っとなぞったり、クリトリスを爪で引っ掻くようないわゆるソフトな動作をしていると、彼女はイッてしまいました・・・。
やはりこの布越しに触る行為は女の子にとってものすごく気持ちが良いんだなと再確認しました。

乳首も同様で、わざとシーツをかけてその上から刺激してみると、直接触った時よりも敏感に反応がよくて、シーツにポコッと浮かび上がった2つの乳首は、芸術の作品を見ているかのようでした。
コリコリとした乳首もシーツの上からいじめてあげると、またすぐにイッてしまいました。
彼女は、「1日でこんなにイッたことは無い」と言っていましたが、それを言われてすごく嬉しかったですね。
私も1日でこんなにもイカせたことはないのですから・・・。

性獣と化した彼女は、私のチンコを加えると、とてつもない勢いでしゃぶり始めました。
鬼頭の部分を舌で転がしたり、喉の奥までチンコを入れたり、彼女のフェラテクは天下一品でした。
舐めるのと同時にもう一つの手で玉袋をさわさわと刺激されると、本当に揷入しているかのような感覚になります。
私は挿入したい気持ちが抑えられなくなり、彼女に聞くと快く承諾してくれましたので、一気にズボッと挿入しました。
ここからは本能のまま、ピストン運動が始まるわけですが、興奮していたためか、すぐにイッてしまいました・・・。
何だかあっけない幕引きでしたが、今まで経験したことのないような興奮度合いでとても満足しました。
彼女も後半は動きすぎたせいかぐったりとしており、イッた後は二人で放心状態となりました。

気がつくと、彼女が帰る時間が迫っており、急いでシャワーを浴びました。
事が終わった後の彼女は妙に女性らしく、もう一度したい気持ちになりましたので、また次回この女性を呼んで思う存分に身体を堪能しようと思います。
彼女ももう一度会って今回できなかったことをしたいと言ってくれましたので、近い将来もう一度呼んで、今回よりも激しいプレイをしたいと思います。

年上の女性とのプレイを終えて、熟女もなかなかいいものだなと思いました。
これを見ている皆さんも是非利用してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です