魅惑の都市「仙台」
keyboard_arrow_right
未分類

仙台の熟女2

まるで恋人のように優しく扱うと、彼女のように心を開いてくれることが多いです。
今回も丁寧に対応したおかげか、心を開いてくれました。
そしてだんだんと大胆になってきた彼女は、最初会った直後の堅い表情から、安心しきった表情に変わってきました。
こうなればこちらのものです。

試しにキスをしてみると、ぎこちなさは微塵もなく、むしろ情熱的なキスでした。
次第に激しくなるキスは、最終的には海外の映画であるような野生的なキスになりました。
お互い身体も気持ちも温まったところで、体を洗いっこすることになりました。
彼女は恥ずかしそうに服を脱いでいましたが、その行為も私を興奮させる要因になります。

デリヘルって、「恥じらい」もかなり重要だと思うんですよね。
事務的に何の恥ずかしげもなく服を脱がれたりすると何だか気持ちが萎えてきます。
リアル感がなくなってしまうんですね。
お客さんは新鮮味を求めてデリヘルを呼ぶわけですから、こういったところも徹底的に演じてほしいものです。

お風呂へ入ると、彼女は奉仕的にいろんなところを丁寧に洗ってくれました。
ボディーソープのヌルヌルとした感触が、とても気持ちよくて、敏感になっているチンコを触られると、大きくなったチンコがさらに大きくなります。
その大きくなったチンコを集中的に刺激されて、早くも私はイってしまいました・・・。
まだ本番はこれからだというのに、お風呂の中でイッてしまうとは非常に勿体無いことをしてしまいました。
逆に考えると、その分彼女のテクニックが優っていたということなんでしょうね。

男性はわかると思うのですが、イッた直後のチンコはかなり敏感です。
そんなイッた直後のチンコを刺激し続けられると、本当に気持ちが良いのです。
彼女は手コキの動きをやめないので、私はまたイキそうになりました。さすがにベッドの上でイキたかったので、歯を食いしばっていかないように努力しました。

ベッドルームへと移り、今度は私が彼女を責める番になりました。
ここで乱暴に攻めまくると、女の子が引いてしまう恐れがあったため、慎重に攻めます。
まずは鉄板のキスから始めます。先ほどのキスの続きのような感じで打ち解けるには時間がかかりませんでした。
そしてだんだんと胸へと進んでいきます。
彼女のおっぱいは年齢の割には垂れていませんし、ハリもあります。乳首はというと綺麗なピンク色で、何だか汚れていない純粋な感じがしました。
試しに乳首をひと舐めすると、敏感に反応します。
私は乳首を舐めながら股間を触ろうとした時、彼女の方から私の手を掴んで股間へと導いてくれました。
早く触って欲しかったのか、ぎゅっと強い感じで股間へと導かれました。
私は期待に応えるべく、クリトリスあたりをコリッコリッとパンツの上から刺激しました。
指の腹でトントンと刺激してやると、「ひゃっ!」と声が漏れました。